ワキガ 治療方法

病院でのワキガ治療の内容や施術方法

ワキガで悩んでいるという人は少なくはないと思いますが、主な原因は遺伝によるものと言われています。改善方法は様々ありますが、一番効果的なのは病院での治療です。
また治療方法は症状の度合によって様々あるので、自身のワキガに合わせた治療方法を行うのが大切です。

 

軽度の場合は塗り薬と飲み薬で治療を行っていきます。
塗り薬は主に塩化アルミニウム液をコットンやティッシュなどで臭いが気になる部分に塗っていきます。臭いを抑える効果が高い塗り薬なのでワキガの症状にも効果を発揮してくれます。
飲み薬は汗の分泌量を抑えたりする薬や不安や緊張などによる精神的な発汗を抑える薬などを処方されます。

 

軽度であればこれらの治療方法で十分ワキガ改善を行うことが出来ますが、中度になってくるとボトックス注射による治療が効果的です。
脇の下に注射することで汗を出す時の伝達物質の分泌を抑えることで一時的に汗を止めることが出来ます。

 

電気凝固法と呼ばれる治療法もあり、これは脇の毛穴に電気針を刺し電流を流すことでアポクリン腺と皮脂腺を破壊することで汗の分泌量を減らしワキガ改善に繋げます。
この方法はワキガ改善と同時に脱毛も行える方法でもあります。

 

重度のワキガになってきますと手術で治すのが効果的になってきます。
アポクリン腺を目視しながら一つずつ取り除いていく方法とアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺をかき出しながら吸い取る方法などがあります。

 

他にもいくつか手術方法はありますが、どれもアポクリン腺を取り除くような方法でワキガを改善していくものなので効果も非常に高い方法と言えます。

 

ワキガが遺伝の場合、このアポクリン腺と呼ばれるものが生まれつき多いことで汗などの分泌量が多くなり嫌な臭いを発生させます。そこで手術などでアポクリン腺を減らすことで臭いを予防することができるのです。

 

ワキガの治療方法は様々ありますが、自分の症状をきちんと知った上で方法を決めることが重要になります。
きちんと医師の方と相談をして自分に合った治療法で改善させましょう。

 

ワキガ治療には抵抗があるならば、こちらのワキガや脇の嫌なニオイを手軽に抑える対策を参考にして下さい。